大人気米国高配当ETF、VYM、HDV、SPYDのの2021年度の第1四半期の成績比較

スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク

2020年のコロナショックで評判が落ちていた米国高配当ETFですが、今年の調子はどうでしょうか?

 

今回は、大人気米国高配当ETF、VYM、HDV、SPYDの2021年度の第1四半期の成績比較しました。

今後の投資先の参考にして頂ければ嬉しいです。

VT、VTI、VOO、VIG、QQQの第一四半期の成績比較

基礎情報

シンボルVTVTISPYD
主な投資対象米国配当株米国配当株S&P500高配当指数
経費率0.06%0.08%0.07%
配当金利回り3%3.7%4.8%

解説記事

VYM(バンガード 米国高配当株式 ETF)

HDV(iシェアーズ 米国高配当株ETF)

SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF)

株価(トータルリターン)の比較チャート

2021年の年明けからのトータルリターンを比較すると

  • 1位、SPYD
  • 2位、VYM
  • 3位、HDV

 

2020年のコロナショックでもっとも影響を受けて下落していたSPYDですが、今年の株価上昇相場では見事に復活して他の2つの高配当ETFよりいい成績を上げています。

VYMとHDVですが、SPYDとはトータルリターンで差をつけれていますが、十分にいい成績を上げています。

分配金の増配率

対年同期の分配金の比較

VYM

  • 2020年3月:0.55ドル
  • 2021年3月:0.66ドル⇒20%アップ

HDV

  • 2020年3月:0.91ドル
  • 2021年3月:0.88ドル⇒約-3.3%ダウン

SPYD

  • 2020年3月:0.40ドル
  • 2021年3月:0.64ドル⇒60%アップ

 

増配率は、SPYDHDVVYMの順番になります。

 

SPYDは完全復活したと言ってもいいですね!!

VYMは安定感抜群なので、今後も安心して保有できますね。

そして、まさかのHDVだけ減配…下落相場でしたら底堅い成績を上げていましたが、上昇相場では他の2つのETFより成績が弱いようですね。

スポンサーリンク

まとめ

現在の成績を参考にして考えると

  • SPYDは景気敏感で値動きが激しい。
  • VYMは安定感抜群。
  • HDVは暴落に強い分、上昇相場値上がりが低い。

同じ高配当ETFでも成績を比べて見ると、それぞれの個性が見えてきますね。

 

去年のコロナショックでは高配当ETFは残念な結果でしたが、今年は元気なようで何よりです。

今後もこの調子でいい成績をだして欲しいなと思います。

 

以上で今回の記事を終わります。

今回の記事があなたのなにかに役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

オススメ書籍

関連記事

米国高配当ETF【VYM】【HDV】【SPYD】VS.米国連続増配ETF【VIG】【SDY】【DGRW】どっちがいいか比較して見た!!

2020年度 米国高配当ETF【VYM】VS,【HDV】VS,【SPYD】の成績を比べて見た

大人気、米国高配当ETF『VYM(バンガード 米国高配当株式 ETF)』の解説

長期投資で役立つ高配当ETE、『【HDV】(iシェアーズ 米国高配当株ETF)』についての解説

分配金好きにオススメの米国高配当ETF『SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF)』の解説

タイトルとURLをコピーしました