最強の米国超高配当銘柄『ARCC(エイリス・キャピタル)』の紹介

スポンサーリンク
米国株・ETF紹介
スポンサーリンク

あなたは配当利回り8~11%の銘柄があると言えば興味ありますか?

そんな銘柄があったとしても詐欺だの株価暴落した罠銘柄と思うかもしれません。

詐欺でも罠銘柄でなく、きちんとした配当利回り8~11%の超高配当銘柄があるんです。

その名は『ARCC(エイリス・キャピタル)』!!

私がもっとも大好きな銘柄で、定期的に購入している銘柄です(笑)

今回は『ARCC(エイリス・キャピタル)』の紹介をします。

とても魅力的な配当利回りですが、ハイリスク銘柄なので投資を検討する時は慎重に検討してください。

ARCCの概要

Ares Capital corporation(エイリアス・キャピタル・コーポレーション)の略でARCC(エイリアス・キャピタル)といいます。

基本情報

事業内容

BDC最大手の企業です。

BDCとは米国の中規模企業や新興企業などの銀行が融資をしにくい企業に投資をして企業成長によるリターンで利益を出す企業です。

BDCは利益の90%以上を配当金に出せば、法人税の免除を受けれるので高配当銘柄になっています。

日本で言うとREITインフラファンドと同じ仕組みです。

配当月

年4回で3,6,9,12月

取扱証券会社

楽天証券、paypay証券で購入可能です。

SBI証券は取扱い無しとマネックス証券は取扱いを辞めました。

値動き

この画像には alt 属性が指定されていません

コロナショックの時は、保有者を絶叫せる大暴落をしています。

事業が金貸しだけあって企業が倒産してしまう経済ショックのときは、毎回大暴落しています。

配当金の推移

配当金は増配することはなく、ヨコヨコです。

ただし、増配を気にする必要のない配当利回り8~11%の高配当です。

メリット

高配当

ARCCのメリットと言えば、配当利回り8~11%の高配当です。

素晴らしいですよね!!

もし100万円投資したら税引き後でも年間配当金で約56,000円~約77,000円貰えます!!

有り金全部を投資したいのですが...理由は下記で述べます。

実績

実はこのARCCなんですが、ここ10年間で再配当投資をした成績ならば、あのみんな大好きS&P500より成績が上なんです。

この成績から高配当愛好家から大人気の銘柄になっています。

デメリット

暴落に弱い

上記にも記載しましたが、景気敏感株ですので、株価暴落にとても弱いです。

 

コロナショックの時は大暴落してます。

歴代でもリーマン・ショックやチャイショックでも他の銘柄より大暴落しています。

理由は、銀行が融資しにくい企業に投資をしているので不景気で倒産する会社が多くなりますのでかなりの景気敏感株になります。

これが、私がARCCに全力投資が出来ない理由です。

いくら私が下落した銘柄の保有に免疫があると言っても、全財産がこんなに暴落されるのは流石に無理です。

とは言え、今まで世界規模の大暴落に耐えてきた銘柄です。

今後の活躍に期待ですね。

あなたも購入するとしても全力投資は辞めておくのをオススメします。

値上がりに期待できない

ARCCは配当金狙いの銘柄なので値上がり益はほぼ期待できません

配当利回り8~11%もあって値上がり益まである銘柄は流石にないですよ。

スポンサーリンク

運用方法

運用方法ですが、言うまでもなく値上がり益狙いの人でなく、配当金狙いの人にオススメ銘柄です。

上記のデメリットからポートフォリオのメインとして採用するのは難しいです。

ディフェンス型の銘柄で構築したポートフォリオに1、2割ぐらいの割合で取り入れるならいいと思います。

もっと取り入れてもいいのですか、暴落時に弱すぎるので最大で3割ぐらいまでですね。

1株あたり約1,500円前後なので、短期トレードで得た利益でコツコツとARCCを購入していくのも有りかと思います。

まとめ

以上が『ARCC』の内容紹介です。

配当金愛好家の私から見れば、大変魅力的な銘柄です。

この配当利回りで、暴落時に強ければ、もっと投資をするんですけどね~(´;ω;`)

まぁそんな都合のいい投資対象なんてあっても詐欺商品でしょうね(笑)

 

今回の記事があなたのなにかにお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

オススメ書籍

おすすめ記事

超高配当銘柄【ARCC】VS.【MAIN】BDC銘柄を比較

高配当銘柄対決!!【ARCC】VS【PFF】どっちがオススメ?

毎月分配型で配当金利回り10%以上の『【QYLD】グローバルX NASDAQ100・カバード・コール ETF』について解説

全世界超高配当ETF『【SDIV】グローバルX スーパーディビィデンド-世界株式 ETF』

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました