全世界超高配当ETF『【SDIV】グローバルX スーパーディビィデンド-世界株式 ETF』

スポンサーリンク
株式投資
スポンサーリンク

今回は、毎月分配型で配当利回りが7%以上の全世界高配当ETF『【SDIV】グローバルX スーパーディビィデンド-世界株式 ETF』について解説していきます。

世界の高配当銘柄に投資している、なかなか面白いETFですので今後の投資先として参考にして頂ければ嬉しいです。

SDIVの概要

グローバルX スーパーディビィデンド-世界株式 ETF(愛称:SDIV)と言います。 

 

投資内容は世界中の株式のうち配当利回り上位100銘柄に均等分散して投資して運用しているETFです。

なかなかシンプルな投資内容ですが、面白いのETFだと思います。

配当金愛好家としては要チェックな内容です(笑)

設定日は2011年からと歴史の浅いETFです。

 

※2021年8月のデータ参照。

SDIVの基本情報

名称グローバルX スーパーディビィデンド-世界株式 ETF
運用会社グローバルX
構成銘柄数102銘柄
分配金利回り6.83%
決算日毎月分配型
経費率0.59%

  

構成銘柄はコンセプト通りに100銘柄に投資されいます。

信託報酬は0.59%と米国ETFでは高い維持費になりますが、日本なら問題ない維持費になります。

毎月、配当日があることで安定して収入源になりますので配当金生活に向きの銘柄です。

配当利回り6.8%ですが、少し前は10%前後あったのですが…。

投資内容はシンプルですが、癖の強いETFになっています。

SDIVの構成銘柄上位10銘

名前資産の割合
エレクトラコンシューマープロダクツ株式会社1.44%
中国東郷(グループ)1.38%
トランスミッソラ・アリアンカ・デ
・エネルディア・エレトリカ SAユニット
1.29%
株式会社BW LPG1.23%
シノペックエンジニアリング(グループ) 株式会社 H1.23%
ノス・スナツSA1.19%
ハリック貯蓄銀行1.15%
出州石炭鉱業株式会社クラスH1.14%
アンテロミッドストリーム株式会社1.12%
エブラズPLC1.12%

  

私は勉強不足なので、構成銘柄で聞いたことがある物がありません( ゚Д゚)

世界って広いですね(笑)

構成セクターと国の構成率

出典:グローバルX公式サイト

 

構成銘柄のセクターは、不動産や金融など景気敏感なセクターが多いです。

やはり高配当銘柄は、どこの国も景気敏感銘柄が多いと言うことのようです。

国別の構成割合はやっぱり、米国が1番多く、2番目は中国になっています。

投資対象の国には日本は組入れられていません。

ちょっと寂しいですね(>_<)

SDIVとVT株価の比較チャート

  • 青:SDIV
  • オレンジ:VT

 

SDIVと同じ全世界株式に投資している【VT】(バンガード トータル・ストックETF)と株価を比較しました。

比較結果はチャートをよく見なくても、VTの圧勝だとわかります。

チャートの値動きは残念な右肩下がりになっています。

そして、コロナショックの大暴落から株価回復していないどころか、再度株価下落をしている残念すぎる内容になっています。

 

・配当金込みのトータルリターンの場合

 

SDIVはトータルリターンならコロナショックの下落幅が小さいくなっていますが、株価事態が回復していないので、コロナショック前の株価に回復できていません。

現在の運用成績だとタコ足配当と同じ状態になっているので要注意です。

分配金(配当金)と増配率の推移

分配金(配当金)と増配率の推移一覧

  

配当金は良くも悪くも、安定して配当金を出していたようですが、コロナショックの年に大減配をしています。

最大の売りが弱っているのは、残念すぎますね。

 

・分配金利回りの推移

分配金利回りは直近5年間は6%~18%ぐらいになっています。

コロナショック時は18%近くになっていますが、その後は株価回復していないのに利回りも下がっています。

金融危機に株価も配当金も弱いのは長期運用での保有先として考えるには厳しい内容です

スポンサーリンク

メリット・デメリット

メリット

高配当&毎月分配型

SDIVの最大のメリットだと思います。

いくら大減配したからとは言え、配当利回り7%以上あります。

分配金も毎月受け取れるのはメリットだと思います。

全世界に分散投資

世界中の高配当銘柄に投資できますので、個人ではなかなか投資できない内容になっています。

デメリット

○○ショックに弱い

上記でも述べてきましたが、構成セクターが景気敏感セクターが多くかなり暴落に弱いです。

経費率が高い

信託報酬0.59%は他の高配当ETFのSPYDHDVVYMに比べると10倍近くの維持費になります。

もう少し安くして欲しいですね。

スポンサーリンク

運用方法

SDIVは金融危機に弱すぎるので、メインの投資先には向いていません。

配当利回りを上げるに多少の投資はアリかもしれません。

もしポートフォリオに組入れるなら、1割ぐらいまでにした方がいいと思います。

スポンサーリンク

評価

SDIVについてまとめると

  • 投資先は全世界の高配当銘柄。
  • 高配当&毎月分配型。
  • 以前は配当利回り12%あったが今は7%に下がった。
  • 株価はコロナショック以降、回復していない。

 

SDIVはコロナショック前まではそこまで成績が悪くなかったようですが、現在はボロボロの成績になっています。

安定性ないETFですので、長期運用するならよく考えてから購入した方がいいと思います。

個人的には毎月分配型で高配当が欲しいならMAINPFFの方をオススメします。

 

ただ、コンセプトが『全世界高配当に投資』って言うのは面白くて大好きです。

出来れば、構成銘柄の組入れ対象を見直して暴落にも強くなって欲しいなと思います。

 

以上で今回の記事を終わります。

今回の記事があなたのなにかに役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

オススメ書籍

関連記事

2020年度 米国高配当ETF【VYM】VS,【HDV】VS,【SPYD】の成績を比べて見た

米国高配当ETFは『VYM』、『HDV』、『SPYD』だけじゃない!!毎月分配型高配当ETF『QDIV』紹介

毎月超高配当銘柄『MAIN(メインストリートキャピタル)』の紹介

毎月配当金が欲しい人に人気の、米国高配当ETF『PFF』とは

大人気、米国高配当ETF『VYM(バンガード 米国高配当株式 ETF)』の解説

長期投資で役立つ高配当ETE、『【HDV】(iシェアーズ 米国高配当株ETF)』についての解説

分配金好きにオススメの米国高配当ETF『SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF)』の解説

タイトルとURLをコピーしました