長期投資の投資先に迷ったらコレ『【VT】(バンガード トータル・ストックETF)』特徴を解説

スポンサーリンク
米国株・ETF紹介
スポンサーリンク

今回は積立投資先として大人気の『【VT】バンガード トータル・ストックETF』の特徴を解説していきます。

 

【VT】がオススメな人

  • インデックス投資に興味のある人。
  • 長期での株式投資を検討している人。
  • 世界中への投資をしたいと思っている人。

これから投資をしようと思う人、投資をしている人の見直しとして記事を読んで頂ければ嬉しいです。

【VT】バンガード トータル・ストックETFの概要

【VT】バンガード トータル・ストックETF

 

投資先として、米国を含む先進国および新興国約47ヵ国の大型・中型・小型株の約9,000銘柄以上で構成されている、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに投資をしています。

簡単に投資先を言うと世界の株式市場が投資対象です。

スケールの大きいETFですね(^^♪

投資先が世界中の株式市場ですので、国別・セクターなどの分散投資はコレ1本で完結します。

この理由から、積立投資先として投資をしている人が多い人気のETFです。

 

VTの購入はSBI証券、楽天証券、マネックス証券で買付手数料無料で購入することが出来ます。

 

※2022年2月のデータ参照。

VTの基本情報

名称バンガード トータル・ストックETF
運用会社バンガード
構成銘柄数9,350銘柄
分配金利回り1.97%
決算日3,6,9,12月
経費率0.08%

 

信託報酬0.08%の格安で、投資先が世界中ですので国別でも十分すぎるほどの分散投資ができています。

購入手数料も大手証券会社なら購入手数無料対象のETFです。

VTの構成銘柄上位10銘柄

ティッカーシンボル銘柄名 構成割合 
AAPLアップル2.85%
MSFTマイクロソフト2.71%
AMZNアマゾン・ドット・コム1.98%
FBメタ1.10%
GOOGグーグル0.95%
TSLAテスラ0.70%
NVDAエヌビディア0.64%
JPMJPモルガン・チェース・アンド・カンパニー0.62%
JNJジョンソン&ジョンソン0.58%
BRK-Bバークシャー・ハサウェイ0.54%

  

VTの構成銘柄上位10銘柄はS&P500連動型ETFや全米株式ETFと同じ、米国を代表す世界屈指の大手企業で構成されています。

構成銘柄数がVOOVTIより多いので、上位10銘柄への投資割合は小さくなっています。

VTの構成セクター比率

セクター構成一覧表

 

投資先のセクターはハイテクと金融関連で3.5割上占めていますが、構成セクターは基本的には多種のセクターに投資されており、セクター分散も十分に分散投資されています。

VTの国別構成割合

国別構成比率一覧

  

世界中に投資しているとは言え、6割合以上が米国が投資対象です。

この投資先が半分以上が米国なので、『全世界株式より全米株式がいい。』と言う意見があります。

スポンサーリンク

VTの株価の推移

VTとS&P500の株価の比較チャート

  • 青:VT
  • オレンジ:S&P500

 

VTはよくVOO(バンガード・S&P500ETF)と比較されますが、ここ数年の株価値上がりはVOOの方が上です。

この成績から、インデックス投資の投資先はVTよりVOOの方が人気があります。

VTのトータルリターン

 

トータルリターンでもS&P500の方が優秀です。

昨今は株式市場は米国一強の時代ですので、米国100%のS&P500に負けるのは仕方ないと思います。

スポンサーリンク

VTの分配金利回りと増配率の推移

分配金と増配率の推移

分配金と増配率の推移一覧

 

2015年と2020年のコロナショック時以外は順調に増配を続けています。

長期投資で考えるなら、分配金も期待できるETFになります。

配当(分配金)利回りの推移

 

VTは普段は利回りは2%前後のようです。

コロナショック時大暴落時で利回り3%中頃でしたので、直近利回りはあまり期待しない方がよさそうですね。

VTの平均増配率

 年数  平均増配率 
3年5.63%
5年6.07%
10年7.85%

 

コロナショック時の減配があったので、この数年の増配率は減少傾向ですが10年単位で見ると増配率が高い優秀なETFになります。

スポンサーリンク

メリット・デメリット

メリット

株価の値上がり・増配率

上記のチャートと増配率を見ての通り、年々順調に成長しています。

長期投資は長い年月右肩上がりの物に投資する必要がありますから、VTは間違いなく長期投資先として優秀な金融商品です。

維持費が安く、分散投資ができる

投資対象が世界各国に信託報酬0.08%の格安で投資できます。

個人では難しいことが、このETF1本で出来るのだから凄い事だと思います。

デメリット

配当利回りが低い

配当金がメインの金融商品ではありませんので、高配当ETFなどに比べると配当利回りは低い水準になります。

スポンサーリンク

VTの運用方法

VTの運用方法ですが、無難に積立投資をするのがいいと思います。

VTではゆっくりと株価が成長していく金融商品ですので、爆益は望めません。

数十年単位で資産形成をするのでしたら、リスク軽減させるために毎月ドルコスト平均法で積立投資をするのがいいと思います。

 

リスクを気にしない、まとまった資金があるなら一括投資での購入もいいかも知れません。

将来成長している前提で投資するなら、理論上は一括投資の方が積立投資をするより利益はでます。

 

どうするかは、ご自身の自己責任で判断してください。

スポンサーリンク

まとめ

 

VTについてまとめ

  • 全世界株式に投資をしているETF。
  • 経費率は安く、大手証券会社なら買付手数料無料。
  • 株価・配当金は右肩上がりで成長している。
  • インデックス投資に最適な投資先。

 

VTは日本では人気がありますが、アメリカでは人気はイマイチらしいです。

理由は、ポートフォリオのほとんどがアメリカなのでそれならば、S&P500を購入しておいた方が良いと言うことです。

それも一理ありあますが、最近ではまた『新興国市場が熱い!!』って意見が出てきたりと、相場の世界は意見がコロコロ変わる世界です。

 

そんな意見に翻弄されたくない人には、VTはおすすめ出来る金融商品の一つです。

  

1日1回 応援ポチッとして頂けると毎日更新する励みになります⇩⇩

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

以上で今回の記事を終わります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク

オススメ書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました