米国ハイテクETFならどれがいい?【QQQ】、【VGT】、【XLK】、【IXN】を比較して見た

スポンサーリンク
比較初心者必見!!長期投資で役立つ知識
スポンサーリンク

コロナショック以降、株価上昇の立役者のハイテクセクター。

今では、キャピタルゲインを狙って投資を検討しているなら、投資先としては外せない存在になっています。

 

今回は、大人気ハイテクセクターETFの【QQQ】、【VGT】、【XLK】、【IXN】のどのETFが、現在1番成績がいいETFか比較して見ました。

 

本記事で参考になること

  • キャピタルゲイン狙いの投資先。
  • ハイテクセクターETFの購入先の参考。
  • 長期運用先。

今後の投資先の参考になりますので、最後まで読んで頂ければ嬉しいです。

【QQQ】VS.【VGT】VS.【XLK】VS.【IXN】比較

検証内容

検証内容は

  • 基本情報の内容
  • チャート比較
  • 増配率

この項目で比較していきます。

※2021年5月までのデータ参照。

基本情報の比較

 

基本情報で比較すると

  • 信託報酬はVGTが一番安く、IXNが一番高い。
  • 配当利回りは期待してはいけない。
  • ETFの規模はQQQ >VGT >XLK >IXN。

  

IXNは米国以外の国にも投資をしているグローバルETFですので他のETFより信託報酬が高くなっています。

ETFの規模は話題のQQQが一番大きく、IXNは他のETFよりも規模が桁違いに小さくなっています。

1日分のなにか
1日分のなにか
長期投資で考えると、一番信託報酬が低いVGTの勝ち!!

 

比較対象のETFの詳しい解説記事一覧

【QQQ】インベスコQQQトラスト・シリーズ゙1ETF』

【VGT】バンガード・米国情報技術セクターETF』

【XLK】テクノロジー・セレクト・セクター SPDR ファンド』

【IXN】iシェアーズ グローバル・テクノロジー ETF』

米国ハイテクETFの比較チャート

【QQQ】、【VGT】、【XLK】、【IXN】のハイテクセクターの凄さをわかりやすくするためにS&P500と比較したチャートです⇩⇩

株価上昇率の順位は

  • 1位、VGT
  • 2位、IXN
  • 3位、XLK
  • 4位、QQQ

株価上昇率はVGTが一番高くなっています。

 

昨今、株価急成長中のセクターなだけあって、S&P500が貧弱な投資先に見えますね(笑)

 

トータルリターン(配当金込み)の運用成績を比較チャートです⇩⇩

配当金込みだと順位は

  • 1位、VGT
  • 2位、IXN
  • 3位、XLK
  • 4位、QQQ

 

配当金込みでも、特に順位は変わりません。

すべてのETFの成績が凄くいい中で、VGTが少しだけ運用成績がいいようです。

信託報酬の差がでたのかな?って内容ですね。

1日分のなにか
1日分のなにか
運用成績はVGTの勝利!!

増配率の比較

直近10年間の増配率と減配回数

直近10年の増配率の順位

  • 1位、VGT
  • 2位、QQQ
  • 3位、IXN
  • 4位、XLK

 

4つとも増配率はいいですが、その中でもダントツでVGTがいいですね。

配当利回りは低いですが、これだけ増配してくれれば将来的には配当金も期待できますね!!

1日分のなにか
1日分のなにか
増配率はダントツでVGTの勝利!!
スポンサーリンク

結論

1日分のなにか
1日分のなにか

最近の成績なら、文句なしでVGTの勝利!!

今回の比較内容ならVGTが一番いい成績になりましたが、間違って他のハイテクETFを購入しても問題のない成績でした。

 

今年のハイテクセクターは、去年の運用成績が良すぎて成長が鈍化していますが、ハイテク銘柄の決算発表を見ている限りはハイテクセクターの成長は期待できます。

キャピタルゲイン(値上がり益)を狙って投資をしているのなら、ハイテクセクターへの投資は検討してもいいと思います。

 

今までの成績ならVGTが一番いい成績でしたが、これからはどうなるかわかりませんので、今回の記事の結果を真に受け過ぎずに、今後の投資の参考して頂ければと思います。

 

以上で今回の記事を終わります。

今回の記事があなたのなにかに役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

オススメ書籍

関連記事

2020年度 米国高配当ETF【VYM】VS,【HDV】VS,【SPYD】の成績を比べて見た

米国連続増配ETF、VIGとDGRWを比較して見た。

【QQQ】VS.【VGT】を比較して見た

【VFH】VS【XLF】~金融セクターETFを比較~

タイトルとURLをコピーしました