VOO、VTI どっち?

スポンサーリンク
比較株式投資
スポンサーリンク

投資家の間で度々議論される

VOO(S&P500)VTI(全米株式)どっちがいいか?」

あなたはどっちがいいと思いますか?

私はどっちでもいいと思っています(笑)

 

今回は、VT(全世界株式)派の私が、VOO(S&P500)とVTI(全米株式)はどっちに投資するべきかで悩むことが、どれだけ時間の無駄なことについて記事にまとめて見ました。

この記事で参考になること

  • 長期投資の運用先。
  • VOOとVTIどっちへ投資するべきか?
  • インデクス投資に興味がる人。

VOOとVTIにどっちに投資をしようか迷っている人の参考になりますので、最後まで読んで頂ければ嬉しいです。

VOOとVTI どっち?

比較内容は

  • 基本情報の内容
  • チャート比較
  • 配当金の推移

この項目で比較していきます。

※2021年7月までのデータ参照。

基本情報の比較

シンボルVOOVTI
名称バンガード・S&P500ETFバンガード・トータル・ストック・マーケットETF
構成銘柄数507銘柄3,791銘柄
連動指数S&P500指数CRSP USトータル・マーケット・インデックス
運用会社バンガードバンガード
経費率0.03%0.03%
決算日3,6,9,12月3,6,9,12月
配当金利回り1.35%1.3%

 

VOOとVTIどちらも、信託報酬は同じ0.03%と格安で、楽天証券やSBI証券、マネックス証券なら買付手数料無料と他のETFに比べて購入しやすくなっています。

分配金利回りもほとんど同じです。

唯一の違いは構成銘柄数で、VOOはS&P500に組入れられた大手企業のみで構成されています。

対してVTIは米国株式市場に上場している銘柄の9割以上に投資してますので、構成銘柄数はVTIの方が圧倒的に多いです。

VTIの方が構成銘柄数が多いから分散投資が出来ているように見えますが、ハッキリ言って投資先は500以上もあれば十分すぎる分散投資ができますので、決してVTIの方がいいと言う訳にはなりません。

 

大手企業だけに投資をしたいならVOO。

大手企業だけでなく中小企業にも投資をしたいならVTI。

これぐらいしか違いはありません。

ご自身の好みに合わせて購入してください。

そもそも、両方購入したらダメってルールはありません。

VOOとVTIの解説記事

株式投資の鉄板、VOO(バンガード・S&P500ETF)の解説と運用方法紹介

長期投資の王道『【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETF』にいて解説

構成銘柄上位10銘柄

VOOの構成銘柄上位10銘柄

名前資産の割合
アップル株式会社5.53%
マイクロソフト株式会社5.29%
Amazon.com 株式会社3.88%
株式会社フェイスブックA2.22%
アルファベット株式会社 A1.99%
アルファベット株式会社 クラスC1.95%
バークシャー ハサウェイ クラス B1.54%
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー1.41%
テスラ株式会社1.35%
ジョンソン・エンド・ジョンソン1.25%

VTIの構成銘柄上位10銘柄

名前資産の割合
アップル株式会社4.39%
マイクロソフト株式会社4.39%
Amazon.com 株式会社3.21%
株式会社フェイスブックA1.84%
アルファベット株式会社 A1.65%
アルファベット株式会社 クラスC1.57%
バークシャー ハサウェイ クラス B1.20%
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー1.17%
テスラ株式会社1.12%
ジョンソン・エンド・ジョンソン1.04%
1日分のなにか
1日分のなにか

違いわかりますか?

答えは、「投資割合が違う。」です。

 

私は最初に見たときVOOとVTIの構成銘柄の違いがわかりませんでした(笑)

VTIの方が多くの銘柄に投資していますので、上位10銘柄への投資割合が減っています。

個人的に誤差の範囲の割合だと思います。

VOOとVTIは構成銘柄上位10銘柄は同じですので、どっちに投資してもそんなに変わらないと思います。

奇数月はVOO、偶数月はVTI…こんな感じの購入でもいいと思います。

株価チャートの比較

株価のチャート

  • オレンジ:VTI
  • 青:VOO

 

誤算の範囲でVTIの方が株価上昇しています。

1日にあれば十分に結果は変わる範囲ですね。

2021年はVTIの方が株価が上なときがあると言いのは、中小企業が頑張っていたってことでしょうね。

逆に中小企業より大手企業だけの方が株価上昇しているときもありますので、長期投資なら無視していい内容だと思います。

・トータルリターン(配当金込み)

トータルリターンもVTIが誤差の範囲で勝っているようです。

値動き幅は同じですので、本当に気にするレベルの差ではないと思います。

『コインの表がVOO、裏がVTI。』って決め方でもいいと思います。

配当金の推移の比較

2011年~2020年までの分配金状況

シンボルVOOVTI
増配年数0年0年
増配率123.62%125.20%
増配回数9回9回
減配回数1回1回

ここ10年間で、VOOとVTIは2020年に一緒に減配しました。

コロナショックのせいなので仕方ないですね。

増配率は気持ち程度はVTIの方がいいですが、1年もあればひっくり返るレベルの違いです。

 

気にしたら、何も買えなくなるレベル程度しか違いがありません。

VOOとVTI、どっちも優秀な投資先です。
スポンサーリンク

まとめ

VOOとVTIどっちに投資しても問題ないについてまとめると

  • 信託報酬、買付手数料無料で維持費は同じ。
  • 構成銘柄上位10銘柄は気持ち程度、投資割合が違う。
  • 株価のチャートは誤差の範囲。
  • 分配金利についても誤差の範囲。
  • 唯一の違いは大手企業のみに投資か、大手企業と中小企業両方に投資をしているかが違い。

 

VOOとVTIは投資先が多いか?少ないか?ぐらいしか大きな違いはありません。

なので、どちらに投資するかで迷うことで時間を無駄にするのが一番の損失です!!

 

悩むなら、両方買えばいいんですよ。

予算の都合で片一方だけしか買えないなら、コインの裏表で決めてもいいんですよ。

1日分のなにか
1日分のなにか

だって、本当に運用成績は誤差の範囲でしか違わないんだもん!!

 

VOOとVTIのどっちに投資をするかで悩むぐらいなら、他の投資先を探すか、経済の勉強をした方がずっと有意義なことです。

他の投資先ならきちんと考えた方がいいですが、『VOO(S&P500)とVTI(全米株式)については将来どっちが伸びるか?』なんて考えて行動せずにいるより、両方買って様子を見てみるぐらいで試しに投資をした方が勉強になります。

 

VOOとVTIの購入しないで、VT(全世界株式)って手もありますよ(笑)

 

以上で今回の記事を終わります。

今回の記事があなたのなにかに役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

オススメ書籍

オススメ記事

株式投資の鉄板、VOO(バンガード・S&P500ETF)の解説と運用方法紹介

長期投資の王道『【VTI】バンガード・トータル・ストック・マーケットETF』にいて解説

S&P500の将来を予想して見た~10,20,30年後どなる?~

FIREをするためになぜ【VT】【VTI】【VOO】への投資(インデックス投資)が推奨されているのか?

タイトルとURLをコピーしました