老後資金2,000万円問題について見直し、対策を考えてみた。

スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク

ドウモ、ギネス最高齢者を目指す、1日分のなにかです。

      

金融庁が2019年6月3日に公表した金融審議会の報告書に『老後資金は2,000万円不足』と記載があり、たくさんの国民の方が混乱されたと思います。

この『老後資金2,000万円問題』について、あなたは詳しい内容を知っていますか?

私は内容を確認しないで急いで、貯金や金融資産を確認したりと将来について見直しましたが、後で『老後資金は2,000万円不足』の内容を確認したら安堵しました。

今回は、『老後資金2,000万円問題』の内容確認し、今後の対策を考えていきたいと思います。

老後2,000万円問題とは?

老後2,000万円問題の一番の問題点「2,000万円」なんですが、収入が年金だけの無職世帯の夫婦の老後生活20~30年をモデルに考えられています。

その内容は

モデル:夫65歳、妻60歳で30年間健全な生活をする。

 収入:月額21万円(年金のみ)

 支出:月額26万5千円

 赤字:月額5万5千円

5,5万円×12カ月×30年=1,980万円

この計算で約2,000万円足りないことを、マスコミが『老後資金は2,000万円不足!!』と、まともな説明もせずに煽りまくり、内容を確認しないネットユーザーが拡散しまくって、社会問題になりました。

この問題なんですが、「支出:月額26万5千円」の人を対象しています。

つまり、支出がもらえる年金21万円以下で生活できる人は、すでに老後2,000万円問題は解決しています。

ただし、支出が月21万円以上の人は気をつけないといけませんよ。

後、このモデルケースには貯金、金融資産は含まれていません。

内容を確認すると、焦る必要がないことがわかります。

だからと言って、安心して豪遊したりしていると勿論、破産しますので油断しないでください。

それから、年金破綻は現在ではありえません。

年金での投資運用は、暴落したときだけマスコミは取り上げますが、その後はきちんと成績をあげています。

マスコミは年金運用の成績がいい時は報道しませんので、マスコミが年金運用の現状を報道しないときは調子がいいと思っていいと思います。

それに年金は元々保険の一つです。

老後を年金だけで生活しようと考えるのが間違いです。

今後の生活を見直すためにいくつか対策を以下のように考えて見ましたので、参考にしてみてください。

対策

まず、最初にすることは自分の生活費と資産金額jを確認から始めます。

その後に自分に必要な対策を模索していきます。

いくつか例をあげますので、参考にしてくだい。

生活編

固定費の削減

今となっては定番の『固定費削減』です。

  1. 携帯代を大手3大キャリアから格安スマホに変更。
  2. 保険の見直して、自分のかけてる保険の内容把握し、いらない内容なら解約。
  3. 電力会社を安い会社に変更。
  4. 車を保有するなら、保険の見直し。

これらだけでも、年間で言えば結構な節約ができると思います。

まずは簡単に節約できることから始めよう!!

断捨離

修行僧のような生活はしなくていいですが、一度生活で無駄な買い物をしていないか確認するために掃除をしていらない物の処分と今後何が生活に必要か確認して見てください。

捨てていいか分からない物は、一度保留にして置いといて、何カ月かして使用しないようならいらない物ですので、捨てましょう。

参考に FIREを目指すためにミニマリストになる

定期的に自分の生活を見直そう!!
[ad]

収入編

副業

副業だけで生活できるようになる必要はなく、お小遣い稼ぎぐらいでもいいと思います。

参考に 副業ってどんなのがあるの?7選紹介!!

     使わない物で不労所得える方法、5選紹介!!

副業に成功したら、早期退職者で自由な生活も夢じゃない。

投資

株式投資、不動産投資などで定期的に収入を得られるようにしておくと精神的に楽だと思います。

参考に iDeCo(イデコ)をザ・無難な始め方

     長期投資家の強い味方『つみたてNISA口座』とは

投資は余剰資金で始めましょう!!

やってはいけないこと

いくつか注意点があるので記載します。

老後対策にいきなり投資を始める。

何事にも順序があります。

まず始めにすることは、生活資金を見直しして余剰資金を作ることからです。

無理やり投資資金を絞りだして、投資しに失敗したら、老後生活にたどり着く前にゲームオーバーになる恐れがあります。

余剰資金なら失敗しても生活はできますので、挽回するチャンスがあります。

まずは、余剰資金を作るところから始めよう!!

歳を取ってからの投資を始める。

歳をとってから、投資を始めるのはリスクが高いのであまりオススメしません。

歳が若ければ、投資に失敗しても挽回をする時間がありますが、歳をとってしまっていたら挽回する時間がありません。

生活費の見直して、生活する方が安全です。

老後対策をするなら今すぐに行動を起こそう!!

資産運用のゴールを決めない。

資産運用するならまず

  • ・何に使うか?
  • ・いくら必要か?
  • ・いつまでにいくら貯めるか?

ゴールを決めないで突き進んでは、いざお金が必要になったときに足らない恐れがあります。

きちんと資産の使用用途を決め、必要金額を算出して、いつまでに達成するかを、紙に書いて毎日目標確認してください。

ゴール間際になったら、暴落対策に株を国債や債券など変更するか、しないかも決めておこう!!

怪しい投資をしない。

最近なら、ジャンパンライフの詐欺で話題になっていますね。

突然、美味しい儲け話がきたら詐欺だと疑うようにしましょう。

あなただけ特別だから大丈夫と思うのは、絶対に間違えた考え方です。

無理に投資はしなくていいけど、お金の勉強はしよう!!

老後対策をやりすぎない。

何事にも限度があります。

老後のことだけ考えて、今を疎かにしては人生楽しくありませんよ?

人生は老後だけではありませんからね。

今の生活を大切にしなが行動してください。

人生、今もこれからもハッピーに生きようぜ!!

まとめ

以上が老後2,000万円問題の内容確認と対策です。

私はこの『老後2,000万円問題』が社会問題になってよかったと思うことは、

  1. 今後の生活を長期間で考えて見直すようになった。
  2. 情報はきちんと確認する。

この二点について考えるようになったのはよかったと思います。

私は超長生きするき満々なので、今後もお金の勉強をしたりと行動していきたいと思います。

この記事が、あなたの老後生活の考え方に役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

関連記事

FIREを目指すためにミニマリストになる

iDeCo(イデコ)をザ・無難な始め方

長期投資家の強い味方『つみたてNISA口座』とは

コメント

タイトルとURLをコピーしました