2021年 7/5~7/9までの株式売買公開

スポンサーリンク
売買コラム
スポンサーリンク

売却分

7/7(水)

銘柄数量
売却単価[USドル]
売却額
[USドル]
実現損益
[USドル]
ARCC / エイリス・キャピタル165株
19.88000
3,280.2552.24
SRET / グローバルX スーパーディビィデンド-世界リート ETF163 株
9.77000
1,592.51217.21

購入分

7/9(金)

銘柄
市場
注文数量[株/口]注文単価[円]約定代金[円]
日工 (6306)100672.067,200

 

合計売却益:+769.45ドル(日本円:+95,668円)

※ドルの取得単価の違いで売却益に違いがあります。

合計購入金額:\160,701円

概要

  • 米国のポートフォリオを見直しのため、ハイリスク銘柄の整理。
  • 日本株の保有銘柄が下落したのでナンピン買い。

取引内容

米国株のポートフォリオを見直しのために高配当銘柄&ETFを売却。

ARCCは大好きな銘柄なので売りたくなかったけど、株価が天井付近になり配当利回りも低くなってきた(利回り8%以上ありますが(笑))ので、一旦利確して次の株価暴落時に再度購入予定です。

SRETは配当金が減配傾向にあったので処分しました。

 

基本的に米国株は売却することはありませんが、超高配当銘柄は増配期待できないなど、あまり成長性に期待できないので、たまに利確して株価暴落して美味しそうな利回りになったら再度購入していきます。

 

日本株の日工は前から100株保有していたので、今回の購入で200株の保有になります。

日工は配当利回り4.4%と高配当銘柄です。

値動き幅も小さいので、スイング目的も兼ねての購入になります。

スポンサーリンク

今後の方針

今週は米国株が一瞬だけ株価下落していたので、指値をいくつか出しましたがまったく刺さりませんでした。

現在は金融緩和でバブルではないにしろ、株高ですので積極的には購入する気はないので、今後もチャンスがあれば少しずつ買い足していこうと思います。

 

今回、売却した米国株の利益でARCCやSRETより配当利回りが高いQYLDを買い足して、配当利回りのかさ増しをしようと思います(笑)

 

以上で今回の記事を終わります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク

オススメ書籍

タイトルとURLをコピーしました