毎月1万円の少額投資したらどうなる?長期投資をシュミレーションをして見た

スポンサーリンク
初心者必見!!長期投資で役立つ知識
スポンサーリンク

ドウモ、よく犬に吠えられます、1日分のなにかです。

 

今回は、「少額投資は意味がない。」と言う意見を言う人もいるので、本当に意味がないのかを検証するために「毎月1万円」の積み立てで将来いくら資産が貯まるかをシュミレーションして見ました。

内容としまして

  1. 貯金したとき。
  2. インデックス投資+債権で運用収益3%。
  3. インデックス投資で株式のみの運用で運用収益5%。

この項目で、10年後、20年後、30年後、40年後の資産額をシュミレーションします。

 

これから、少額で投資を始めてようと思う人、始めているけどゴールがイマイチイメージができない人に参考になりますので、最後まで読んで頂ければ嬉しいです。

月1万円シュミレーション

貯金

10年後

12ヶ月×10年後=120万円

20年後

12ヶ月×20年後=240万円

30年後

12ヶ月×30年後=360万円

40年後

12ヶ月×40年後=480万円

コメント

貯金の金利は期待ができないので貯金した分だけの金額で計算しています。

塵も積もればなんとやらと、複利なしでも結構な額になります。

しかし、老後生活を貯めた貯金のみで生活するのは厳しい金額ですね。

でも、足しにはなりますのでまったく無駄とは言えませんね。

スポンサーリンク

インデックス投資

毎月1万円をドルコスト平均法株+債権でリスクヘッジをした積立投資で運用益3%のときと、株のみで積立投資した運用益5%で運用した2パターンでシュミレーションします。

  

※シュミレーションですので、この運用通りになるとは限りませんのであくまでも参考として見てください。

運用益3%

10年後

積立金額:120万円

・最終積立金額:1,397,414円

運用収益197,414円

20年後

積立金額:240万円

・最終積立金額:3,283,020円

・運用収益:883,020円

30年後

・積立金額:360万円

・最終積立金額:5,827,369円

運用収益:2,227,369円

40年後

・積立金額:480万円

・最終積立金額:9,260,595円

・運用収益:44.460595円

コメント

10年ぐらいでは貯金と対して少しプラスぐらいの利益ですが、20年ぐらいから複利の差が大きくなってきて40年後には積立額の2倍近くの資産に育っていますね。

これだけの金額が貯まるなら、すでに少額の積立投資は無駄ではないと言えますね(>_<)

運用益5%

10年後

・積立金額:120万円

・最終積立金額:1,552,823円

・運用収益:352,823円

20年後

・積立金額:240万円

・最終積立金額:4,110,337円

・運用収益:1,710,337円

30年後

・積立金額:360万円

・最終積立金額:8,322,586円

・運用収益:4,722,586円

40年後

・積立金額:480万円

・最終積立金額:15,260,202円

・運用収益:10,460,202

コメント

理論上は長期投資のインデックス投資が最強説があるのは納得の数字が出ましたね(笑)

積立投資を40年間を運用収益5%で運用できたら3倍以上の資産に膨れ上がるのだから、若いうちから投資しないのは勿体ないですね。

複利の凄さがよくわかる結果になりました。

スポンサーリンク

まとめ

実際には、このシュミレーション通りの結果になるとは限りませんがシュミレーション結果から見るにやる価値はあると思います。

 

確かに何億も稼いでいる人から見たらたいしたことではないかも知れませんが、何もせずにいるより少額で投資をした方が有意義だと思います。

後、投資をしていると今まで知らなかったお金のことがわかるようになってくるので、詐欺や無駄な出費を無くすことができます。

 

以上のことから人によって目的の金額が変わりますが、私から言えば、

1日分のなにか
1日分のなにか

結論:少額投資でも長期運用で運用すれば価値あり!!

 

結果も出たので今回の記事を終わります。

今回の記事があなたのなにかに役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

オススメ書籍

関連記事

配当金を毎月1万円までの道のりを考えてみた。

投資初心者でも簡単に作れる!!マネーマシン(初心者用)の作り方を紹介

少額の配当金でOK!!オススメの配当金再投資のやり方を解説

配当金を再投資以外の使い道を考えて見た

コメント

タイトルとURLをコピーしました