米国高配当ETF、VYM、HDV、SPYD、VIGの2022年度の3月まで運用実績の比較

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

下落相場で強かった米国高配当ETF。

 

今回は、大人気米国高配当ETF、VYM、HDV、SPYD、VIGの2022年度の3月まで運用実績の比較しました。

VYM、HDV、SPYD、VIGの成績比較 

基礎情報

シンボルVYMHDVSPYDVIG
主な投資対象米国配当株米国配当株S&P500高配当指数米国連続増配株
経費率0.06%0.08%0.07%0.06%
配当金利回り2.73%3.14%3.53%1.73%

解説記事

VYM(バンガード 米国高配当株式 ETF)

HDV(iシェアーズ 米国高配当株ETF)

SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF)

VIG(バンガード 米国増配株式 ETF)

株価とトータルリターンの比較チャート

株価の比較

2022年度3月までの運用実績を比較すると

  • 1位、HDV
  • 2位、SPYD
  • 3位、VYM
  • 4位、VIG

 

昨今の原油高により株価上昇しているエネルギーセクターが多いHDVが一番よい成績を上げています。

続いて、配当金より株価上昇の方が調子がいいSPYD。

3位のVYMはギリギリ株価がマイナスならなかったようです。

4位は1銘柄だけ株価マイナスと1人負けになっています、VIGになりました。

 

高配当ETFで減配気味のHDVとSPYDが株価調子がいいとは誰にも予想が出来なかったと思います。

トータルリターン(配当金込み)

2021年の年明けからのトータルリターンを比較すると

  • 1位、HDV
  • 2位、SPYD
  • 3位、VYM
  • 4位、VIG

 

トータルリターンでも順位は変わりません。

 

減配続きでオワコン扱いのHDVが運用成績は好調です。

VIGだけマイナスですが、VOOやVTIに比べると下落率は低くくはなっています。

スポンサーリンク

分配金の増配率

対年同期の分配金の比較

前年同月比VYMHDVSPYDVIG
3月去年:$0.66
今年:$0.66
去年:$0.88
今年:$0.77
去年:$0.64
今年:$0.65
去年:$0.51
今年:$0.69
6月去年:$0.75
今年:$
去年:$0.81
今年:$
去年:$0.40
今年:$
去年:$0.68
今年:$
9月去年:$0.75
今年:$
去年:$0.76
今年:$
去年:$0.39
今年:$
去年:$0.70
今年:$
12月去年:$0.94
今年:$
去年:$1.05
今年:$
去年:$0.13
今年:$
去年:$0.77
今年:$
合計去年:$3.10
今年:$
去年:$3.57
今年:$
去年:$1.55
今年:$
去年:$2.66
今年:$
増配率0 -12.51.5635.29

 

増配率は、VIGSPYDVYMHDVの順番になります。

 

記載のスペースの都合上により分配金額四捨五入していますので、VYMは増配していないように見えますが、一応は0.88%ほど微量の増配をしています。

VIGは株価は残念ですが、増配ETFとしての仕事はしっかりとしています。

株価下落しながらも増配…買い時かも知れませんね。

唯一の減配のHDVですが、株価は調子がいいので資産価値が減っているわけではないので急いで売る必要はないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

株価はHDVの勝ちで、増配はVIGの勝ちでした。

 

株式市場が下落する中で高配当ETFたちは株価は好調でした。

これは、私のように現在資産形成中で株を買い足したいと思っている人間からは、買うチャンスがなかったので残念です。

また、あまり増配していない上に株価上昇しているので配当利回りが低くなっているので個人的には今は高配当ETFは買いたいとは思いません。

 

資産としては優秀な結果ですが、配当金目当ての配当金投資としては微妙な感じがする結果になっています。

 

1日1回 応援ポチッして頂けると毎日更新する励みになります⇩⇩

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

以上で今回の記事を終わります。

今回の記事があなたのなにかに役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

オススメ書籍

タイトルとURLをコピーしました