日経平均版、カバード・コール戦略ETF『グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】』について解説

スポンサーリンク
日本の投資信託・ETF
スポンサーリンク

今回は、日経平均版、カバード・コール戦略ETF『グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】』について解説します。

 

今後の投資先として参考にして頂ければ嬉しいです。

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】とは?

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】

 

2022月7月27日から運用開始した出来立てほやほやのETFです。

取引所略称は『GX日経カバコ』と言います。

 

投資内容は日経平均株価構成銘柄に投資するとともに、日経平均株価を原資産とするコール・オプションの売却を行うカバード・コール戦略を構築します。

 

超高配当で有名なQYLDXYLDと同じカバード・コール戦略を用いたETFですが、GX日経カバコは他のカバード・コール戦略ETFと決定的な違いがあります。

 

それは、オプション・プレミアム分は理論上再投資します。

 

他のカバード・コール戦略ETFはオプション・プレミアムの利益を配当金として出すことで毎月高配当を受け取ることが出来ますが、GX日経カバコはオプション・プレミアムを再投資するので毎月分配型のETFではありません!!

 

1日分のなにか
1日分のなにか

期待していたのとなんか違う!!

 

毎月、”ドル”ではなく”円”で配当金が貰える超高配当ETFと思ったのですが…コレジャナイ感。

 

このGX日経カバコの売りは毎月再投資することで株価を安定した価格で運用できる点が売りらしいです。

 

カバードコール戦略とは?

簡単にカバード・コールコール・オプションについて説明すると、

カバードコールとは?

  • 原資産を保有しながらコールオプションで売る投資方法。

コールオプションとは?

  • 指定された日に、先に決めていた権利行使価格で株を買える権利。

 

原資産が権利行使価格以上に上昇した場合は超えた部分の値上がり益を放棄することになります。

値上がり益の一部を放棄する代わりにオプション(手数料)で稼ぐというスタイルになります。

これをカバードコール戦略といいます。

 

…分かりにくいですね(笑)

『ちょっと特殊な取引きの売却益を分配金として出している。』と思えばいいかなと思います(>_<)

 

新生銀行のホームページに詳しく説明されたページがありますのでよければ、そちらをご覧ください⇩⇩

投資信託 | 新生銀行
投資信託による資産運用をご紹介。新生銀行では、人気の投資信託がわかる投資信託ランキングや運用実績ランキングなど、最新情報が豊富です。投資信託や資産運用はぜひ、新生銀行にご相談ください。

 

※2022年8月のデータ参照。

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】の基本情報

名称グローバルX 日経225
カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】
運用会社グローバルX
構成銘柄数225銘柄
分配金利回り不明
決算日4,10月の各24日
経費率0.3025%

  

投資銘柄数は日経平均225に投資をしているので225銘柄になります。

信託報酬は0.3025%とQYLDなどの信託報酬0.60%ですので他のカバード・コール戦略よりはう安くなっています。

 

配当金はまだ1度も出ていないので不明です。

いくら配当金が出るのか楽しみですね。

 

購入はSBI証券、楽天証券、マネックス証券などの大手証券会社で購入が可能です。

 

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】の構成銘柄上位10銘トップ

引用元:グローバルX社のホームページ

  

構成銘柄は日本の大手企業で構成されいます。

米国株の指数と比較するとちょっと頼りない気がしますが問題ないと思います(笑)。

 

スポンサーリンク

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】の株価の推移

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】と日経225 株価の比較チャート

引用元:グローバルX社のホームページ

 

運用日数が短すぎて参考にならないのでグローバルX社が公開している指数のテスト運用したチャートを貼り付ておきます。

日経平均とGX日経カバコを比較すると株価の値上がりは日経平均の方が上のようですが、下落相場でも下落率が低いのがGX日経カバコになります。

 

…正直、微妙ですね。

配当金がたくさん出ることを祈ります(笑)

スポンサーリンク

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】の分配金利回りと増配率の推移

1日分のなにか
1日分のなにか

2022年8月現在、まだ配当金は出ていません。

 

10月に1回目の分配金が出るらしいのでその結果待ちになります。

スポンサーリンク

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】のメリット・デメリット

メリット

値動きが小さく安定して運用できる

上記のチャートを見る限りは大きな下落も上昇ないので安定した運用が期待できそうです。

 

デメリット

株価値上がりが期待できない

すべてのカバード・コール戦略ETFの共通ですが、カバード・コール戦略の性質上、大きなリターンは期待できません。

 

運用期間が短く、未知数

運用期間まだ数ヶ月です。

どんな値動きをするかも分配金利回りも不明です。

 

スポンサーリンク

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】の運用方法

GX日経カバコに関しては当面は様子見でいいと思います。

 

運用期間が短く未知数すぎますので、無理に投資せずに様子見が一番だと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

グローバルX 日経225 カバード・コール ETF(プレミアム再投資型)【2858】についてまとめると

  • 日経平均をカバード・コール戦略で運用。
  • 経費率は他のカバード・コール戦略より安い。
  • 運用期間が短いので未知数。

 

個人的にはQYLDのような毎月分配の配当利回り10%越えのETFを期待していたのですが…予想とは違い残念です。

しかし、年二回でも高配当ETFになる可能性もまだ残されています。

今後の活躍に期待して見守っていきたいと思います。

 

1日1回 応援ポチッとして頂けると毎日更新する励みになります⇩⇩

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

 

以上で今回の記事を終わります。

今回の記事があなたのなにかに役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

オススメ書籍

タイトルとURLをコピーしました