金への投資『【IAU】iシェアーズ ゴールド・トラスト』の解説

スポンサーリンク
米国株・ETF紹介
スポンサーリンク

今回は、金への投資『【IAU】iシェアーズ ゴールド・トラスト』の解説します。

IAUがオススメな人

  • 資産分散をしたい人。
  • 金への投資に興味のある人。

今後の投資先として参考にして頂ければ嬉しいです。

【IAU】iシェアーズ ゴールド・トラスト の概要

【IAU】iシェアーズ ゴールド・トラスト

 

投資内容は、金地金価格の変動に概ね連動することを目標としています。

有事の金”と言われて、戦争や紛争にテロ、金融危機など経済が不安定な状態になると金への投資をする人が増えて、金の価格が上昇する傾向にありアセットロケーション(資産分散)として有能な投資先になります。

 

購入はSBI証券、楽天証券、マネックス証券などの大手証券会社で購入が可能です。

 

※2022年2月のデータ参照。

IAUの基本情報

名称iシェアーズ ゴールド・トラスト
運用会社ブラックロック
構成銘柄数
分配金利回りなし
決算日なし
経費率0.25%

  

投資先はは金だけになります。

分配金などは無く、信託報酬0.25%と金のETFなら安い部類になります。

 

他のゴールドETFの解説記事

金が大好きな人におすすめのETF『【GLDM】SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト』について解説
金への投資を検討中の人におすすめの『【GLDM】SPDR ゴールド・ミニシェアーズ・トラスト』について解説します。
金に投資したいならコレ『【GLD】SPDR ゴールド・シェア』について解説
金融危機がくると話題になる”金”への投資。 金が気になる人にオススメの【GLD】を解説。

IAUの株価の推移

IAUとS&P500 株価の比較チャート

  • 青:IAU
  • オレンジ:S&P500

 

金への投資は長期で見ると株式には勝てませんが、コロナショックのような暴落時やウクライナ情勢の問題で株価下落しているときに価格が上昇していますので、資産を安全に運用できるのがメリットになります。

IAUのメリット・デメリット

メリット

株価暴落に強い

上記でも記載しましたが、金は株式と違う値動きをする可能性が高い金融資産ですので、暴落に強い金融資産です。

キャピタルゲインを狙える

配当金はありませんが、ある程度のキャピタルゲインは期待できます。

デメリット

配当金がない

個人的に配当金大好きな私から言うと致命的なデメリットです。

株高に弱い

株式と違う値動きが特徴ですので、株高になるとゴールドETFは下落する傾向があります。

スポンサーリンク

IAUの運用方法

IAUは資産の分散投資として有能なETFです。

資産を分散投資で運用するなら、ヘッジファンドの帝王ことレイ・ダリオ氏が提案した”オール・シーズンズ戦略”での運用をオススメします⇩⇩

ヘッジファンドの帝王、レイ・ダリオのポートフォリオ『オール・シーズンズ戦略』を紹介
あなたは株式の”ポートフォリオ”って組み合わせ考えるのに、どう銘柄を組み合わせていいかわかないっと悩んでいませんか?もし、”ポートフォリオ”の組み合わせで悩んでいるなら、先人の偉い人のポートフォリオを参考にしましょう!!...

 

株式100%のポートフォリオに運用成績で負ける可能性は高いですが、暴落時でも安心して運用できると思うので、金への投資を検討の余地ありだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

IAUについてまとめると

  • 金への投資しているETF。
  • 配当金は無し。
  • 暴落に強い。

 

資産を増やそうとしているときは金への投資はあまり必要がないかもしれませんが、リタイア後などの資産を守る段階になったときには暴落に強い資産も必要になってくると思います。

 

将来、資産を増やすより守る段階になったとき、IAUへの投資を検討して見てください。

 

1日1回 応援ポチッとして頂けると毎日更新する励みになります⇩⇩

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

以上で今回の記事を終わります。

今回の記事があなたのなにかに役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

オススメ書籍

タイトルとURLをコピーしました