将来設計に役立つ知識『72の法則』とはどんな計算式かの解説。

スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク

昔、アインシュタインが『複利とは人類最大の発明品』と言っていたらしいです。

複利は資産運用において、投資で出た利益を再投資すれば、利益がさらに上乗せされて、利益がどんどん雪だるま式に膨らんでいきます。

複利の効果が簡単に分かる計算式が『72の法則』です。

今回はこの便利な計算式『72の法則』を簡単に解説していきます。

72の法則とは

72の法則で分かることは、複利でお金が2倍になる期間がわかる算式です。

≪72の法則の公式≫

72 ÷ 金利=お金が2倍になる期間

  

この公式を使用方法の例

1%の複利の場合:72÷1=72  

A、72年で資産が2倍

3%の複利の場合:72÷3=24  

A、24年で資産が2倍

5%の複利の場合:72÷5=14.4 

A、14年4ヵ月で資産が2倍

 

このように自分の運用方法で資産が2倍にするにはどのぐらいの期間が必要かの計算できます。

72の法則の応用

期間内に資産を2倍にするために必要な運用益の計算できます。

例;10年で資金を2倍にしたいときの運用益計算

72÷10=7.2

A、10年で資産を2倍にするには、運用利益7.2%が必要

 

自分の目標にどれだけの運用益が必要がのかがわかりますので、目標が可能な数字か、不可能な数字かがわかります。

注意事項

72の法則はあくまでも目安です。

絶対にこの通りになる訳ではありません。

この72の法則は大まかの数字をだしているだけです。

理論上の数字で資産形成が可能とわかっても、慢心した運用はしないでください。

スポンサーリンク

まとめ

以上が『72の法則』の簡単な解説です。

将来の資産形成をするにも、目標を決めずにしているようでは、いつまでたってもゴールはできません。

現在、資産運用でお悩みの方は『72の法則』を使って大まかな数字を計算して、これからの計画の参考にしてみてください。

今回の記事が今後のあなたのなにかに、役立てて頂ければ幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 関連記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

知っていたら人生に役立つ知識『パレードの法則』

清掃員で資産約10億円!!ロナルド・リードの生涯

TOBとは何?簡単解説

投資信託のコレ、ダメ絶対!!危険を3選を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました