つみたてNISAで20年後株に価暴落したらどうする?

スポンサーリンク
株式投資
スポンサーリンク

つみたてNISAを利用している、あなたは20年後に株価暴落したらどうしますか?

20年後の株価暴落が怖くてつみたてNISAを利用したいけど、利用できないってことないですか?

そんな、あなたの『20年後の株価暴落』時にどうすればいいのかの、悩みに回答しますと

 

A: 特に何もしない

 

「はぁ?」

「舐めてるの?」

と、思われるかもしれませんがきちんと理由があります。

今回は20年後の株価暴落したのになぜ、何もしないのかについて解説していきます。

なぜ何もしないのか?

何故にもしなくていいのか理由を上げていくます。

米国株式市場はずっと右肩上がり

定期的に暴落はありますが、歴史を振り返って見ると、米国株式市場はずっと右肩あがりです。

歴史的に見て、オイルショックや戦争など、ひどい出来事があっても株価は上がってきています

このまま、ずっと上がり続けるとは限りませんが、今ままでの現状を考えるとネガティブ要素よりポジティブ要素の方が強いです。

※アクティブファンドやずっと右肩下がりの指数ではダメです!!

長期に渡り、右肩上がりのインデックス投資なら問題なし

つみたてNISAの利用期間が過ぎたら、特別(又は普通)口座に移行するだけ

つみたてNISAは、一般NISAと同じて魔法(非課税期間)が切れたら、NISA口座から特別(又は普通)口座に移行します。

なので、20年過ぎたら強制的に売られることはありません。

ずっと保有して株価回復を待って入ればいいだけです。

例:元本40万が80万になっていたら、80万円がそのまま特別(又は普通)口座に移行。
スポンサーリンク

20年後に終わるつみたてNISAは最初の1年分だけ

つみたてNISAは1年分づつ終わっていきます。

20年後にいきなり、掛け金が満額終了になるわけではありません。

つまり、元本満額の800万円を積立投資をしていたなら、1年目の40万円のみが、つみたてNISAとして利用期間が終わるだけです。

つまり残りの760万はまだ、つみたてNISAで運用できます。

毎年、40万円が特別(又は普通)口座に移行するだけです。

20年後に終わるつみたてNISAは最初の1年分だけであり、後はそのままつみたてNISA

出口戦略を考える

長期投資をしているのは、いいけどゴールを考えていない、ただ漠然と積立投資をしている人がいると思います。

参考に一つの方法を紹介すると『4%ルール』と、言うものがあります。

詳しくはコチラ長期投資の出口戦略、4%ルールとは?

現在、積立投資している資金をどのようにしようするか考えておいた方が、将来の楽しみになると思います。

まとめ

以上が、20年後に株価暴落しても何もしない理由です。

長期投資においては投資先さえ間違っていなければ、時間は味方してくれます。

毎年、メディアで暴落して経済崩壊と言い続けても株価は上昇してます。

確かに今後どうなるかはわかりませんが、先に出口戦略と下落したときの対策を考えておけば、狼狽売りして損をすることが減ると思います。

この記事があなたの今後の投資にお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 関連記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長期投資家の強い味方『つみたてNISA口座』とは

長期投資の出口戦略、4%ルールとは?

投資信託のコレ、ダメ絶対!!危険を3選を解説

絶対に活用するべきNISA口座とは

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました