2022年度 6月の高配当&株主優待銘柄を紹介

スポンサーリンク
株主優待株主優待
スポンサーリンク

今月の権利確定日は6月28日です。

6月が権利日の高配当&株主優待銘柄を紹介します。

 

今月の優待銘柄選びの参考にしていただければと思います。

高配当&株主優待銘柄を紹介

株主優待

注意事項

※株価と配当利回りは記事を作成しているときの価格ですので参考まで見てください。

本田技研工業(7267)

事業内容

世界中でバイクに自動車を製造・販売している自動車メーカー。

株価:3,299円

配当利回り:3.64%

株主優待内容

(1)「鈴鹿サーキット」と「ツインリンクもてぎ」で使える優待券

(2)レース・イベントへの招待(希望者のみ抽選)

(3)オリジナルカレンダー(希望者のみ)

株数優待内容
100株以上<3月>鈴鹿サーキットかツインリンクもてぎの株主優待券(1回限り)
<6月>レースご招待、オリジナルカレンダー ※応募が必要

東邦レマック(7422)

事業内容

多種多様な靴の専門商社。

株価:2,980円

配当利回り:3.83%

株主優待内容

・クオカード

《6月》

株数優待内容
300株以上クオカード:2,000円分

《3月》

株数優待内容
100株以上クオカード:1,000円分
300株以上クオカード:3,000円分
1,000株以上クオカード:5,000円分

日本エスコン(8892)

事業内容

マンション分譲から商業施設や物流施設開発などしいる不動産会社。

株価:785円

配当利回り:4.84%

株主優待内容

・クオカード

株数優待内容
1,000株以上1年以上:1,000円分
2年以上:3,000円分
5,000株以上1年以上:1,000円分
2年以上:3,000円分
10,000株以上1年以上:3,000円分
2年以上:10,000円分
スポンサーリンク

まとめ

6月はマクドナルドにすかいらーくなど人気株主優待銘柄が多い月です。

 

オリックスの株主優待廃止により今後の存続が危ぶまれる株主優待。

個人的には株を始めた理由の1つですのでずっと続いて欲しいと思っています。

しかし、企業成長を考えると海外投資からの資金は必須になるので株主優待を廃止するのは仕方ない点はありますね。

株主優待を廃止するならせめて増配はして欲しいと思います。

 

1日1回 応援ポチッとして頂けると毎日更新する励みになります⇩⇩

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

以上で今回の記事を終わります。

今回の記事があなたのなにかに役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

オススメ書籍

タイトルとURLをコピーしました