株の短期トレードで失敗する人の特徴を実体験から参考に解説

スポンサーリンク
初心者必見!!長期投資で役立つ知識
スポンサーリンク

ドウモ、コタツを開発した人は天才だと思う、1日分のなにかです。

  

あなたは、株の投資スタイルで短期投資か?長期投資か?悩んでいませんか?

そんなお悩みの人に今回、『短期トレードで失敗する人の特徴』を実体験をもとに記事を書いて見ました。

今回の記事の内容が当てはまる人は短期投資は辞めたて長期投資をすることをオススメします。

記事の内容に当てはまらない、きちんと対策できる人は短期投資チャレンジして私の敵討ちしてもらえたらうれしいです(笑)。

短期トレードで負ける人の特徴

私短期トレードで失敗をもとに記事にまとめて見ました。

救いのない希望を持つ

株が下落したら、「後で上がるかも…。」、「後5分だけ…。」など思い損切りできない人はまず間違いなく、短期トレードでは勝てません。

長期投資なら株を持ち続けてもいいですが、短期トレードでそれをすると株価が暴落したら損失がひどい損切りになるか、いつまで保有すればいいのかわからない塩漬け株になってしまいます。

短期トレードは機械的に自分ルールもとづきトレードできない人は辞めた方がいいです。

損切りルール通りできない人は短期投資はNG!!

欲張りすぎる

「まだ下がるだろう…。」、「もう少し上がるだろう…。」と考えて利益を欲張る人は要注意です。

あまり欲張ると株を購入するとタイミングを選び過ぎて株を購入できないこともあるし、もっと上がるだろうと粘った結果、暴落にあい損失を出した覚えがある人いませんか?

株の格言に『魚の頭と尻尾はくれてやれ。』と言う有名な格言があります。

誰にも株価の動きを完全に把握できませんので、ある程度の底値で買い、ある程度の値上がりで売ることを心掛けないと株の取引きで上手くいくことがありません。

完璧なトレードができる人はこの世に存在しません。

ネットで見かける勝率100%などは詐欺ですので相手にしないで、あなたが満足のいくトレードをしてください。

欲張りすぎるのはNG!!
スポンサーリンク

イナゴタワーに群がる

イベント株などで短期でドカンと株価が上がりそしてドカンと株価が下がる、いわゆる「イナゴタワー」を形成する株があります。

こう言う株は短時間で大きく利益を上げれる反面、一瞬で大きな損失を出します。

損切りできる人ならまで少ない損失ですむかもしれませんが、私のように損切りできない人は絶対にやってはいけません。

無理にビックウェーブに近づくと溺れますよ( ;∀;)

損切りできない人はイベント株はNG!!

きちんとしたイベント株の投資の仕方を知りたい人にオススメ書籍⇩

冷静にトレードしない

ネットやニュースなどの情報に翻弄されてしまう人いませんか?

無責任なアナリストの意見を参考にして欲しくない株の購入、狼狽売りしたことありませんか?

人の意見を聞いて焦り、冷静にトレードをすぐにできなくなる人は短期トレードにむいていません。

短期トレードは冷静にするものです。

少しでも平静でいられないときにトレードは怪我のもとです。

直ぐに私のようにテンパる人はそもそも短期トレードに向いていません。

心を無にして機械的にトレードできない人は短期投資NG!!
スポンサーリンク

まとめ

以上が私の経験をもとに短期トレードに向いていない人の特徴のまとめです。

今回の記事の内容をまとめると

  • 損切りできない人。
  • 目先にの利益だけしか見えない人。
  • 欲張りな人。
  • 直ぐにテンパる人。

以上の項目に身に覚えがある人は、短期トレードに向いていない人です。

投資は自分が勝てる戦いだけすればいいだけですので、勝てない短期トレードは諦めて、私のように中、長期投資に変更することをおすすめします。

また、上記の項目に当てはまらずに短期トレードで好成績を上げている人は、別にそのままでいいと思います。

投資スタイルは人ぞれぞれですからね。

勝てばいいんですよ、勝てば(笑)!!

  

投資方法にお悩みの人はこの記事を参考に、短期投資or長期投資のどちらにするかの参考にしてもらえたらと思います。

今回の記事があなたのなにかに役に立てれば幸いです。

オススメ書籍

created by Rinker
¥1,760 (2024/05/29 09:07:00時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました